フォトショップCS4,CS5,CS6,CCで使えるエクステンションでリンク画像の自動更新に一歩近づく作業の効率化

さて2ndです。クリスマスイブの早朝にブログ記事を書いてる2ndです。
と言っても私にとってクリスマスはただの平日と変わりませんので、平日のテンションで書きます。要は… いつも通りです。


フォトショップでリンク画像の配置に関して通常の設定方法


イラストレーターなんかではリンク画像が変更されると自動で更新される機能がありますが、フォトショップではそもそも画像を読み込んでリンクできるってこと自体あまり知らない方も多いのではないかと感じます。自動更新されない不便さはありますが、まぁイラストレーターのベクトルデータだってフォトショップにリンク画像として読み込めるので便利と言えば便利ですね。

まずはフォトショップにリンク画像を読み込ませる通常の方法です。 続きを読む →

イラレだけでブラシ風の擦れたペイントグラフィックを作製する方法

久しぶりのデザインチップス投稿です!はい、これ系の記事は2ndです。
プリント屋をオープンさせるのに大忙しですが、サイトを放っておく訳にもいかないので、今とりかかってるTシャツ用のプリント柄作製の仕事の延長線上でいける記事を書いてみようと思います。自分用の覚え書きにもなるしね。いっつもエフェクトかける順番忘れるからw

これが正解ってわけではないと思いますがー、1つの方法として、また自分流にアレンジしていけばもっと良い表現にできるかもしれない。ピンポイントな記事を目指してます。アパレル系のプリント用グラフィックの作製案件が多々あるなか、いろいろな要望があるものです。その中で手書き風の雰囲気を出したい、ちょっと経年劣化したプリントが擦れた古着のような雰囲気など、カチッとしたイメージでは完成できないものが多いので、その中で自分流にあみ出した方法です。そういう壁にぶちあたった方達のために1つの参考になればと思う。です。はい。

特にTシャツのプリントなどではシルク印刷のコストを抑えるため、色数を抑えることが多く、単色でどれだけ表現できるかってのも1つの課題でもあります。なのでその辺もふまえて制作過程をスクリーンショットをばしばし撮りましたので、早速いってみましょう! 続きを読む →

手書き&スキャンをベクター変換!ちょっとした一手間でクオリティが上がるかもしれない小技

こんばんは、今回のデザインチップスですが、またまた小技の紹介で申し訳ありません。

ほんのちょっと手を入れるだけで後の作業が楽になる系というか、あれ、ちょっと見栄え良くなってねぇ?的なデザインチップスです。手書きで描いたイラストをスキャンしてイラストレータ使ってベクターデータに変換ってみなさんも良くやりますよね?え、やらない?いやいややるでしょう。やってください。

どうしても手書きの雰囲気を出したかったり、いきなりイラストレータで描き始めるのは難しいなってことはありますよね?イラストの種類にもよりますので全てに当てはまるやり方ではないですが、ものによっては役立つかなと。ペンタブを使いこなせる方ならあまり問題ないかもしれませんが、私みたいに買おう、やろう、始めるぞーペンタブでおれも最強グラフィッカー!と思いながら3年間言い続けてるだけの人。多分この先も買わないと思いますので、この記事を読んでみる価値はあるんじゃないですかねw 続きを読む →

イラストレータ、整列配置に関する小技紹介

こんにちは!市場へ買い物に行った帰りに2車線道路を挟んで白いネコと黒いネコが睨み合ってずっと動かないのを時々思い出し笑いしてしまう2ndです。距離取り過ぎw

今回は、もし知らなかったら少しだけ便利になるイラストレータのデザインチップの紹介です^^
読んだ後にそんなの知ってるよとか言わないでくださいねw 私は長い間気がつかなかったので、他にもそういう方がいるんじゃないかと思って書き進めますので^^ 続きを読む →