しばらく休眠状態だったデザイナーショーケースですが、復活いたしました!復活1発目にご紹介させていただくのはアーティストのKINOKOCURRY(きのこカレー)さんです!

 

アーティスト KINOKOCURRY

その毒々しいきのこを見たらきっと忘れられない。ゆるいイラストにビビッドな色使いが新鮮な「きのこヘッド」、顔からきのこが生えた「ZOMBIESHROOM」に、じわじわと角膜が侵される気持ち良さ。

最初はツイッターで彼女の作品を目にし、毒々しいカラーとモチーフが独特のゆるいイラストタッチでなんとも言えない「グロかわいい」に迷わず、今回のデザイナーショーケース復活第一弾をオファー。快く承諾していただき、お話を聞くと、なんと旦那様もアーティスト。夫婦で全く違うアプローチのアートを制作しているお二人にお話を伺いましたが、今回は奥様の「KINOKOCURRY」さんのインタビューの紹介です。

それでは前置きはこれくらいにして早速ご紹介していきましょう!

パンダ宮司

写真の「きのこヘッド」Tシャツを着用しているパンダ宮司は、パンダのかぶり物で有名な神奈川県は海老名の有鹿神社(あるかじんじゃ)というところの本物の宮司さんとのこと。KINOKOCURRYご本人様ではありません。

 

プロフィール紹介

KINOKOCURRYさん、この度はインタビューにご協力ありがとうございます!
まずは簡単にプロフィールのご紹介をお願いいたします。

お名前:KINOKOCURRY(きのこカレー)

職業または得意なフィールド:Tシャツやパーカーのデザインをやっています

使っている道具、ツールなど:
鉛筆、スケッチブック、GIMP、想像力

WEBサイト:
https://kinokocurry.paintory.com/
https://www.ttrinity.jp/shop/kinokocurry/
https://sheepsyouten.jimdo.com/ (委託販売店)

SNS等:
Instagram→ https://www.instagram.com/kinokocurrytshirts/
Facebook→ https://www.facebook.com/kinokocurrytshirts/

 

インタビュー

それでは早速インタビューをさせていただいた内容をご覧ください。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:どのような経緯でデザイン(アートやクリエイティブ)の世界に入りましたか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

職場に行きたくなさすぎてオンラインでできることを探していたところ、夫からアメリカのTシャツ販売サイトを紹介してもらい、落書きがうまくできたのでTシャツにしてみたのが始まりで、その後日本のサイトを見つけて続けています。
残念ながらいまだに職場からは解放されていませんが、少しずつ売っています。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:作品を作る際、どのようなことにインスパイアされることが多いですか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

音楽、会話、妄想

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:なるほど!僕もいろんなジャンルの音楽が好きで作業中もよく曲を流しながら行っているんですが、KINOKOCURRYさんは普段どのような音楽を聴いているのですか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

中学生の時から遠藤ミチロウさん(THE STALIN)が好きで、今でも尊敬しています。あと最近よく聴いているのはWeezerです。夫の影響でdubstepも素敵だなと感じています。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:作品を作る際、どのようなことに一番気をつけていますか?(もしくは気を使っていますか?)

 

kinokocurry
Kinokocurry

基本的には自分が着たいものをと思っていますが、周りのリクエストにはなるべく応えられるよう努力します。服なので。
あとは、一番売れている420きのこは、420なのでもちろん大麻が好きな人へ向けて作っているわけですが、あまりにもあからさまなデザインよりは、よく見るとわかる程度の、気軽に着られるものを心がけています。あ、あからさまなのが悪いということではなく、自分が作るようなデザインがあってもいいよなっていうだけの話です。
それとKINOKOCURRYなので、デザインには必ずきのこを入れています。食べられるきのこかどうかはご想像におまかせします。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:そうですね、洋服のデザインは着ることが前提なので、落とし所が難しい場合もあるなぁと個人的には感じています。ちなみに、デザインの中に「420きのこ」とありましたが、420って数字は大麻とどんな関係があるのですか?世界的には医療用大麻を皮切りに、合法化した国も出てきており、何かと話題になっている印象ですが、420を知らない読者のために大麻との関連を簡単に教えていただけますか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

諸説あるそうですが、420というのは大麻の隠語で、今では4月20日や4時20分に皆で大麻を吸うという文化がアメリカなどにはあります。私実はアメリカ人と国際結婚していまして、コロラド州出身なのですが、夫が大学生の時はまだ大麻が違法で、参加者を募って毎週金曜日の4時20分に大学の敷地内で一斉に吸うという運動をしていたそうです。現在コロラドでは医療、嗜好用共に合法になっています。
日本ではまだまだ話題にもなりづらい大麻ですし、厳しく取り締まられているので、実際に吸うのは難しそうですが、私なりのメッセージを発信しております。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:アート制作やデザインの仕事をしていて辛いなと思うこと(または思ったこと)は何ですか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

もともと細かい作業が好きなわけではないので、パソコンで色をつけたりするのが億劫すぎて新しいデザインがなかなかできないというのがあります。下絵だけ描いて誰かがやってくれたらいいな。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:今後アーティストとして挑戦しようと考えていることはありますか?ある場合、それがどのようなことか教えていただけますか?

 

kinokocurry
Kinokocurry

すみません、私のようなバイトも続けている人間がアーティストを自称するのはおこがましすぎますが、世界中にきのこヘッドが溢れればいいと思っています。というわけで海外に進出したいです。

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:現在活動されているフィールドに対しての価値観や感じていること、制作活動に対して自分はどう在りたいか?など何かあればお願いいたします。

 

kinokocurry
Kinokocurry

いつまでも謙虚に皆さんと接していけたらいいなと思っています。例えば有名人が着たおかげで人気になって、ものすごい高価格でTシャツ売る人とかいますけど、そんな風になれるわけないっていうのもありますが、自分はそういう方向は目指してないです。お金は少しほしいですけど!

 

icon-5thdesign
5th Design

Q:最後に、この場で何かお伝えしたいことがあればなんでもどうぞ!

 

kinokocurry
Kinokocurry

今後はもっといろんなお店に置いて手売りを増やしていきたいと思っていますので、買ってください!!日本がもっと生きやすい場所になりますように。Legalize it!!

お忙しい中インタビューにお答えくださりありがとうございました!

 

KINOKOCURRY 作品

それでは作品の一部を提供していただきましたので、お楽しみください!

委託販売先であるシープ商店にて

委託販売先であるシープ商店にて

委託販売先であるシープ商店にて

委託販売先であるシープ商店にて





 

Web&連絡先

Kinokocurry Web site

KINOKOCURRYさんのアパレル製品販売サイト。

リンクはこちら
ウェブサイト

 

インタビューまとめ

以上、KINOKOCURRYさんのインタビューと作品のご紹介でした!これからのご活躍、そして世界に「きのこヘッド」が溢れることに期待しております!

それではまた次のデザイナーショーケースで!お楽しみに!

One Response

コメントを残す